探偵.浮気調査NEWS 編集者

探偵.浮気調査NEWS 編集者



結婚当初から何度も浮気をしていた夫。結婚から15年目に離婚

みなさんから寄せられた「相手の浮気による離婚の経験談」を掲載しています。


【40代・女性】

私は結婚をして15年目に、夫の浮気が原因で離婚をしました。
子供は12歳になる小学6年生の娘がいましたが、私は正社員として働いていたため、離婚に不安はありませんでした。

離婚に関する周囲の意見は様々で、なかには「浮気くらいで離婚をするなんておかしい」、「我慢が足りない」とはっきりと言う人もいましたが、私の中の決心が揺るぐことはなかったです。

私の両親や義実家には話していませんでしたが、夫の浮気は新婚当初から始まっていました。

私が認識している初めての裏切りは、結婚からわずか半年のことでした。

その事実に気付いた時、私は夫を追及することができませんでした。
それよりも自分に魅力がないことが原因だと思ってしまい、誰にも相談することすらできずにいました。

新婚だというのに夫に浮気をされることが、妻として恥ずかしいことだと考えてしまい、夫を責めることもできずに1人で抱え込みました。
そして、少しでも自分に目を向けてほしいと、家の中でもおしゃれに気を配り、食事の品数を増やし、完璧に掃除をしてぴかぴかな状態を保つように心がけました。

その当時の私には、それくらいしかできることがなかったのです。
私から指摘したわけではありませんが、何かおかしいと勘付いたのか、その後しばらくは夫に不自然な動きはありませんでした。

そして娘が生まれ、夫はとても可愛がっていました。

それまでは仕事が忙しいと帰りが遅くなることも多かったのですが、娘が生まれてからはできる限り早く帰るようにしてくれて、親子3人の幸せな生活を送ることができました。

私はこのまま幸せが長く続くことを祈っていましたが、またしても夫の様子がおかしいことに気付いてしまいました。
以前のように帰りが遅くなることが増え、休日で家にいる時も常に携帯を気にして、時には外で話をしているようでした。

夫の不自然な動きに不信感を抱きつつ、娘が生まれたのだから少しよそ見をしても結局は我が家に戻って来るだろうと考えていました。

今になって振り返ってみると、そう思いたいという願いもあったのだと分かりますが、夫を信じたいという気持ちを捨てることができずにいました。

そして、私の願いはむなしく、その後も夫は浮気を繰り返していたのです。
もう我慢することはできないと夫に離婚の意思を伝えると、初めはとても驚いていたようですが、今までの裏切りに全て気付いていたということを話すと、諦めたようにすぐに離婚に応じてくれました。

結果として娘から父親を奪ってしまう形になることに対して、娘には心から申し訳ないことをしたと思っています。

しかし、母親である私がしっかりと父親の役割も担うことで、娘に悲しい思いは決してさせないと心に誓っています。

夫に浮気を繰り返されていた時は、私は自分に自信を持つことができずに、逆に自分を責める考えばかりが浮かんでいました。

離婚をした今は、何事にも前向きな気持ちで取り組むことができるようになり、娘と2人で幸せに暮らしています。


探偵.浮気調査NEWS 編集者

探偵.浮気調査NEWS 編集者

社会のニュースや話題を幅広く収集し、ニュースとして取り上げています。
読者の方に役立つ情報をご提供できるよう努めています。