探偵サプリ 編集者

探偵サプリ 編集者



浮気調査をして夫婦の再構築や修復。浮気相手と縁を切らせる方法は?

探偵に浮気調査を依頼することで、パートナーが浮気をしていた場合、浮気の事実が明らかになります。

浮気をされた場合、された側は一緒にいるだけでも嫌悪感を感じ離婚を決意する人も多くいます。

一方で、その浮気の事実を受け止め、夫婦で乗り越えたいという人や子供のために再構築したいという人も少なくありません。

また、いったん離婚したうえで、しばらく時間をおいて復縁されるケースもあります。

今回は、浮気が判明してから夫婦で再構築するケースについてご説明します。

浮気をしていた事実をお互いで認識することが大切

そもそも夫婦で再構築するのであれば、浮気調査が必要ないのではないかと思われるかもしれませんが、もう一度信頼しあい嘘のない関係を築くためにも、いったんお互いが真実を認識する方がよいでしょう。

もし、パートナーの浮気が疑われる状態のまま、相手を信じて再構築をしようとしても、ちょっとしたことで疑心暗鬼になったり、不安な気持ちをずっと抱いていたり、また、ずっと心の中に抑え込んでいた感情がふとしたときに溢れ出てしまってパートナーを問い詰めてしまう場合もあります。

また、浮気をしている側は、浮気がバレていないと感じて浮気をそのまま続けてしまう場合や、バレてるみたいだけど何も言ってこないと考え、どうどうと朝帰りなどを始めるケースもあります。

このように、浮気に対してあやふやなままで再構築をしようとしても、お互いが信頼しあえる関係になるのは難しいため、まずは真実を明らかにして、お互いでそのことを乗り越えようとする気持ちが重要です。

探偵事務所に浮気調査を依頼

最初から離婚をしないと決めていても、まずは真実を明らかにして夫婦で話し合う機会を設けることが大切です。

何も証拠がないまま「浮気しているなら止めてほしい。」とお願いして、それで相手が反省してくれれば良いのですが、多くの場合、はぐらかされたり逆ギレされることが予想されます。

夫婦できちんと真面目に嘘のない会話をするためにも、言い訳のできない証拠を押さえたうえで、話し合いの場を持ちましょう。

もし夫婦2人だけで話し合うのが怖いと思われている場合、探偵事務所によっては調査員が同席してくれる場合もあります。

そこで、証拠や報告書などを見せて、これからどうして行きたいか話し合うとよいでしょう。

夫婦関係を再構築したいことを伝える

浮気の事実を知ってしまうと、平常心が失われてパートナーに対して暴言を吐いてしまう恐れがあります。

また、嫌悪感を露わにした表情で相手を見てしまうこともあるかもしれません。

もし、浮気の事実を知ったとしても、それでも夫婦の関係を再構築したいと思われるのであれば、暴言などは止めておくようにしましょう。

浮気をしていた側は、当然自分が悪いと思っていても、相手からのひどい暴言や嫌悪感を露わにした表情などはずっと心に残ってしまうものです。

また、あまりにもひどいことを言ったり、もう愛情は失っているといったことを言ってしまうと、浮気をしていたパートナーから離婚を切り出され、お互い愛情のない婚姻関係になっていると主張されてしまう可能性もあります。

だからといって常に冷静に対処する必要はありません。

本当の気持ちを伝えることも大切でしょうし、もし泣きたくなったら我慢もしない方がよいでしょう。

そういったことが、浮気をしたパートナーの心にしっかり響くこともあるからです。

パートナーには、「もう一度、夫婦の関係を再構築したい」ときちんと伝えることが大切です。

浮気相手と縁を切らせる方法

浮気していた事実が明らかになったからといって、それで浮気相手と完全に分かれるとは限りません。

特に、浮気相手が真剣に好きになっていた場合は、なかなか縁を切ることができないかもしれません。

そして、パートナーの方も心の奥で浮気相手のことを想い続けてしまう可能性もあります。

そのため、パートナーと浮気相手が完全に別れるように手を打っておいた方がよいでしょう。

① 浮気相手に対して慰謝料を請求する

浮気相手とパートナーを完全に別れさせるため、「浮気相手に対して慰謝料を請求する」という方法があります。

慰謝料の相場はまちまちですが、50万円~300万円となります。

この金額を請求されることで、浮気が割に合わないと気付き、二度と浮気をしなくなる場合が多くあります。

また、浮気していたことがバレたことで、自分の職場などに知られてはいけないと考え、二度と浮気をしないように意識するようにもなります。

そして、パートナーの方も浮気相手に対して慰謝料の請求があったことを知ると、それ以上、その浮気相手に近寄ろうとは思わなくなりますので、その浮気を終えさせることが可能になります。

② 浮気相手と違約金の契約を結ぶ

もし浮気相手がパートナーに対して強い愛情を持っていた場合、慰謝料を払っても浮気の関係を続けようとしたり、ほとぼりが冷めるまで待って、また浮気しようとする可能性があります。

そこで、効果的なのが、浮気相手に対して、もし今後、パートナーと2人で会ったり不貞行為をしたら違約金を払うといった「契約」を結ぶ方法です。

浮気をしていたことはもうバレていますので、浮気相手もこういった契約を拒否するのは難しいでしょう。

この契約を結ぶことで、今後の不貞行為をやめさせる抑止力になります。

もしパートナーが浮気相手のことを忘れられずにいて連絡を取ろうとしても、パートナーと会ってしまうと浮気相手には違約金が発生してしまうため、浮気相手は縁を切ることを選ぶでしょう。

【要注意】脅してしまうと脅迫罪になる

いくら浮気相手を憎んでいて別れさせたいと思っていても、絶対に「職場に知られたくなければ、○○万円払え。」といったことは言ってはいけません。

このような脅しをしてしまうと、逆に「脅迫罪」などで訴えられてしまう恐れがあります。

あくまでも冷静に対処するように気をつけましょう。

弁護士に相談するのがオススメ

浮気相手からパートナーを引き離す際に、上記のようなことを行う場合、慰謝料の請求だけでなく契約書の作成や交渉なども必要になります。

一般の方がこういったことを行うのは現実的に難しいため、可能であれば弁護士に対応してもらうことをオススメします。

探偵事務所にお願いすれば弁護士を紹介してもらえると思いますし、弁護士事務所と提携している探偵事務所もありますので、浮気調査を依頼する際に探偵事務所で相談されてみるとよいでしょう。


夫婦の再構築に向けて

最も肝心なのは夫婦の再構築です。

浮気が明らかになったということで、どうしてもしばらくはお互い気まずい雰囲気は残ってしまうと思います。

ただ、ここで重要なのは、浮気された側が努力しないと上手くいかないという点です。

浮気されたうえに再構築の段階でも苦労しないといけないというのは、とても理不尽な話ですが、浮気した側のパートナーだけの努力では再構築は上手くいきません。

再構築のために大切なポイントは以下のとおりです。

  1. 相手を責め続けない
  2. 愛情表現をする
  3. 家族の時間を作る

① 相手を責め続けない

とても難しいことだとは思いますが、相手を責めないことが大切です。

浮気されたことのショックがひどすぎるために、苦しい思いが溢れ出てパートナーを責めたり、暴言を吐いてしまうことがあるかもしれません。

もちろん浮気した本人も自分が悪いと分かっていますが、家に帰る度に浮気したことを責められてしまうと、家に帰ろうとしなくなる場合があります。

そして、その気持ちを癒すためにまた新たな浮気が始まってしまう可能性もあります。

再構築するためには、辛い思いをできるだけ抑えて、浮気を責め続けないことが大切です。

② 愛情表現をする

浮気をされたショックで相手に対して暴言を吐いてしまうこともあるかもしれません。

そして、浮気をした本人は、浮気がバレたからもう愛情なんてないんだろうな。と考えるようになります。

この状態になってしまうと、再構築を目指すつもりが、いつの間にか仮面夫婦になっている場合があります。

そのためにも、できるだけ夫婦の間に壁を作らないようにして会話をするようにしましょう。

また、再構築したい気持ちを伝えたり、また幸せな家庭に戻りたいという気持ちを伝えるようにすることが大切です。

③ 家族の時間を作る

家族の時間を増やすことで温かい雰囲気が生まれます。

もし子供のいる家庭であれば、家族で出かけたりして、一緒の時間を共有するとよいでしょう。

子供の笑顔を見ることで、浮気した本人も心から反省してもう一度幸せな家庭を取り戻したいと考える場合も多くあります。

まとめ

浮気という事実があるため、夫婦の再構築や修復は簡単なものではないかもしれません。

それでも、浮気した本人が反省して心を入れ替えてくれれば、また幸せな家庭を取り戻すことは可能です。

浮気調査をして、離婚を選ぶ選択肢もありますし、再構築に向けてのスタートにする選択肢もあります。

相手の浮気が疑われるのであれば、いま決断するのではなく、浮気や離婚問題に詳しい探偵事務所で、一度相談されてみるとよいでしょう。


ひとりで悩まないで、まずは無料相談!

探偵サプリ 編集者

探偵サプリ 編集者

パートナーの浮気が怪しい時は、探偵事務所に相談するのが一番の近道です。

以下の探偵事務所は、浮気調査の実績も豊富で無料相談も実施していますので、初めて浮気調査を利用される方にオススメです。

初めての方にオススメの探偵事務所

おすすめ度 1位

原一探偵事務所

原一探偵事務所

  • 解決実績10万件以上、44年の調査実績
  • 見積金額以上の請求は一切なし
  • 相談やカウンセリングが無料
  • 全国主要都市に18拠点のネットワーク
  • テレビ番組などへの取材協力も多数
相談料対応エリア受付
無料 全国 年中無休・24時間

» 原一探偵事務所はこちら


おすすめ度 2位

HAL探偵社

HAL探偵社

  • 成功報酬&後払い制(初期費用0円)
  • お問い合わせ・相談は匿名OK
  • 弁護士事務所との協力関係
  • 全国主要都市に11拠点
  • 全国無料出張・即日対応可能
相談料対応エリア受付
無料 全国 年中無休・24時間

» HAL探偵社はこちら


おすすめ度 3位

女性訴求:女性相談員

東京探偵社ALG

  • 弁護士が経営する業界初の探偵会社
  • 後払い、カード払い、分割払い可
  • 匿名OK!ご相談は何度でも無料
  • グループ弁護士による無料法律相談実施
  • 経営母体は所属弁護士70名以上の大規模弁護士事務所
相談料対応エリア受付
無料 東京・埼玉・千葉・横浜 年中無休・24時間

» 東京探偵社ALGはこちら

探偵サプリ 編集者

探偵サプリ 編集者

社会のニュースや話題を幅広く収集し、ニュースとして取り上げています。
読者の方に役立つ情報をご提供できるよう努めています。