探偵NEWS 編集者

探偵NEWS 編集者



浮気調査の証拠次第で慰謝料は大きく変わります。

パートナーが浮気をしてしまった場合、離婚を考える人は多いです。

相手側の有責ですので、証拠を集めることによって慰謝料なども大きく変わってきます。

しかし、自分だけでは決定的な証拠を見つけられない、しっかりした証拠を集めたいという場合には浮気調査を行っている探偵事務所や興信所を利用することがオススメです。

弁護士と提携している探偵事務所もあります

弁護士などと提携している探偵事務所や興信所は多く、それを利用することも良いとされていますが、自分で調査会社を見つけたいというときには悪徳業者もいるため注意が必要となります。
そんな悪徳業者を避けて信頼できる探偵事務所や興信所を見つけるためには、いくつかのポイントがあります。

信頼できる見分け方としては、まず本社の所在地がしっかり書かれているところを選びます。
中には本社の所在地すら書いていない会社もあります。会社の所在地や責任者の氏名は「責任の所在」ともいえるものです。

それが明確にされていないという場合には、何かトラブルがあったら逃げられてしまうということでもあります。

調査会社に限らずビジネス全般的に、責任の所在がしっかりしているところを選ぶことは基本といえます。

また、依頼する側からしても所在地や責任者の所在がはっきりしている会社の方が、安心して相談や依頼をできます。

調査費用についてしっかり説明してもらいましょう

次に重要なのが、調査費用についてしっかり説明してくれるということがポイントです。

一週間でいくらになります、という説明だけで済ませてしまう探偵事務所や興信所もあるようですが、料金を支払ったとしても、車両料金や報告書代は別途と言われてしまうケースもあります。
また、何を質問しても企業秘密とだけ言ってお金の内訳などを説明してくれないところは、信用できない会社と言えます。

本当に信頼できる探偵事務所や興信所であれば、お金の内訳などをしっかり事前に説明してもらうことができるため、そのようなところを選ぶことが大切です。

一週間の浮気調査だとして1日あたりどれだけの時間を調査し、どんな機器を使うか、追加料金が発生するか、調査する時間帯を指定することができるかなどを伝えて、依頼する側も納得できる形で契約していきます。

探偵の調査能力が最も重要

最後に重要なのが、調査能力です。

せっかく高いお金を出して調査をするのであれば、しっかり結果を出してもらわなければならないと思います。
中には確実に結果を出す、100%の調査実績などの宣伝をしているところもありますが、調査では尾行能力や撮影能力、機材性能、調査員個人の能力などが大きく関わってきます。

中でも指針にしやすいのが撮影能力や機材能力になります。
暗い場所でも撮影できるかなど、難しい条件でも対応かなどをしっかり確認しておきます。

依頼を考えるときには、どうしてもお金のことばかり考えてしまいます。

しかし、あまり安すぎるのも悪徳業者である可能性も高いため、気になることをしっかり質問して納得のできる探偵事務所や興信所を選ぶことが大切です。


ひとりで悩まないで、まずは無料相談!

探偵NEWS 編集者

探偵NEWS 編集者

パートナーの浮気が怪しい場合は、探偵事務所に相談してみるのが一番の近道です。

以下の3社は、浮気調査の実績も豊富で無料相談も実施していますので、初めて浮気調査を利用される方にオススメです。

初めての方にオススメの探偵事務所 3選

① 原一探偵事務所

原一探偵事務所
  • プライバシー対策と情報管理が万全
  • 解決実績10万件以上、44年の調査実績
  • 全国主要都市に18拠点のネットワーク
  • テレビ番組などへの取材協力も多数
  • 調査後のアフターフォローも万全
相談料対応エリア受付
無料 全国 年中無休・24時間

» 原一探偵事務所はこちら


② 東京探偵社ALG

女性訴求:女性相談員
  • 弁護士が経営する業界初の探偵会社
  • 後払い、カード払い、分割払い可
  • 匿名OK!ご相談は何度でも無料
  • グループ弁護士による無料法律相談実施
  • 経営母体は所属弁護士70名以上の大規模弁護士事務所
相談料対応エリア受付
無料 東京・埼玉・千葉・横浜 年中無休・24時間

» 東京探偵社ALGはこちら


③ HAL探偵社

HAL探偵社
  • 成功報酬&後払い(初期費用0円)制
  • お問い合わせ・相談は匿名OK
  • 弁護士事務所との協力関係
  • 全国主要都市に11拠点
  • 全国無料出張・即日対応可能
相談料対応エリア受付
無料 全国 年中無休・24時間

» HAL探偵社はこちら

探偵NEWS 編集者

探偵NEWS 編集者

社会のニュースや話題を幅広く収集し、ニュースとして取り上げています。
読者の方に役立つ情報をご提供できるよう努めています。