探偵.浮気調査NEWS 編集者

探偵.浮気調査NEWS 編集者



浮気調査で有効な証拠を集める方法。写真・レシート・手帳・メール・SNS

夫や妻が浮気をしているんじゃないかと疑心暗鬼になると、不安ばかりが増してしまいますよね。

相手の浮気が怪しい段階では、本当に浮気をしているかどうかがハッキリするだけでも精神的には少し楽になります。

どちらかというと一番つらいのは浮気をしているかどうかが分からない時で、浮気相手がいることが分かると逆に吹っ切れて離婚に向けて進みだす方も多くいらっしゃいます。

浮気の証拠を掴むことが大切

浮気を間違いなくしていることが発覚すると、すぐに相手を問い詰める方も多いようです。

そして、その浮気が許せない場合には離婚をつきつけるというケースも多くあります。

ただ、可能であればここで我慢して、まずは相手に気付かれないように証拠を探すようにした方が、後のことを考えると安心です。

証拠がないと相手はいくらでも嘘をつくことができますし、また、離婚の話が進むなかで、相手が浮気していたことを認めてくれていれば良いのですが、証拠がない場合には勘違いだといってシラを切り通される場合もあります。

さらに、もし離婚の話がこじれて裁判や調停で決着をつけるようになってしまった場合には、証拠がとても重要です。

相手の浮気が原因で離婚する場合には慰謝料の請求ができますが、証拠がないと浮気していたことを証明することができません。

また、最初は勘違いだとシラを切っていた相手でも、証拠を見せた途端に観念して大人しくなるケースが多いため、証拠は必ず押さえておくようにしましょう。

裁判や調停で有利になる証拠とは?

離婚の裁判や調停で有利になるために、有効な証拠としては以下のようなものがあります。

  1. 写真
  2. レシート
  3. クレジットカードの明細
  4. 手帳
  5. LINEやメール、SNS

① 写真

テレビドラマなどでもよくありますが、浮気の証拠として「写真」はとても有効です。

ポイントとしては、パートナーと浮気相手が一緒にいるところを鮮明に撮影することです。

また、浮気の証拠として最も有効なのは以下のようなものになります。

・シティホテルやビジネスホテルで同じ部屋に2人が入っていく姿
・ラブホテルに2人が入っていく姿
・浮気相手のマンションに2人が入っていく姿

そして、気をつけないといけないのは、入っていく姿だけでなく、2人が出てくる姿も撮影する必要があります。

それは、一定時間、そこに滞在していたという事実が写真に残せるからです。

もし帰りの姿がなければ、寄ったけどすぐに帰ったと言い逃れされるかもしれません。
すぐに帰っただけとなれば、いくら部屋に入っていく写真を撮っていても浮気の証拠としては弱くなりますので、必ず帰りの写真も撮る必要があります。

ただ、写真だけだとどれぐらいの時間、滞在していたかは分からないんじゃないかと疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、その点は大丈夫です。

一般的なスマートフォンやデジカメなどで撮影した写真には、写真のデータと一緒にExif(イグジフ)という情報が含まれています。

このExif情報には、撮影した際のカメラの設定などの情報が含まれており、さらに「撮影した日付と時間」も記録されています。

そのため、ホテルに入っていく姿と2人が出てくる姿を撮影すれば、その写真にそれぞれの撮影の日付と時間が記録されていますので、何時間そのホテルに滞在していたかも判明します。

写真は探偵事務所に任せた方が確実で安心

浮気現場の写真は、裁判や調停の際にとても説得力のある証拠となりますので、とても重要です。

ただ、実際にパートナーと浮気相手の現場の写真を撮るというのは、一般の方では現実的に難しい面があります。

また、お互いの顔も分かっているため、通常はホテルまで尾行する前にパートナーにバレてしまう可能性の方が高いでしょう。

そのため、このような決定的な写真を撮影するためには、プロの探偵事務所に浮気調査を依頼した方が確実で安心です。

② レシート

パートナーのレシートの内容を見てみて、言っていたことと違う不自然な点があれば浮気の可能性をさらに高めることができます。

例えば、休日出勤だと言っていたのに、その日にぜんぜん関係ない場所で食事をしたレシートなどが出てきた場合はとても怪しいといえます。

また、レシートにはお店の名前だけでなく、住所や日付や時間などが記載されているものも多いため、パートナーの行動をレシートから推測することも可能になります。

普段パートナーが行かないようなカフェやレストランのレシートがある場合も浮気の可能性が疑われます。

さらに、家と職場とは関係のない場所のコンビニのレシートが頻繁に見つかる場合は、その周辺に浮気相手のマンションがあるかラブホテルがある可能性が高いといえます。

このような怪しいレシートを見つけた場合は、スマホのカメラで大丈夫ですのでレシートを撮影して証拠を控えておくようにしましょう。

③ クレジットカードの明細

レシートと同じくクレジットカードの明細も浮気の可能性を探ることができます。

例えばパートナーが行かないようなショップで何かを購入した履歴がある場合は、会社の同僚や友達とは行かないようなレストランでの支払い履歴が残っている場合は怪しいといえます。

なお、よくあるケースとして、浮気を始めるとクレジットカードの明細を見せないようにする人も多いようです。

浮気をしている本人からすると、クレジットカードの明細を見られてしまうと浮気がバレると考えるからです。

そのため、ある頃からクレジットカードの明細を隠すようになった場合も浮気の可能性が疑われます。

④ 手帳

いまではスマホを使っている人がほとんどで、日頃のスケジュールはスマホに記録している人も多いのですが、いまでの手帳にスケジュールなどを書き込む人は多くいます。

浮気をしている男性の場合は、浮気相手と会う日の待ち合わせ時間や待ち合わせ場所を書いているケースや、浮気相手と会う日に自分だけが分かる目印をつけている場合が多いようです。

また、女性の場合は、スケジュールを書き込むだけでなく浮気相手との思い出を残すために、もう少し具体的に記録しているケースも多くあります。

例えば、浮気相手と会った日はハートマークのシールを貼ったり、シティホテルで会った場合はホテルの名前を書いたり、といったものになります。

浮気の可能性が高いからといって手帳をそのまま証拠として持っておく訳にはいきませんので、怪しいページがあれば写真を撮って証拠として残しておくようにしましょう。

⑤ LINEやメール、SNS

いまはLINEで連絡を取り合っている人がほとんどですので、浮気相手との連絡もLINEにしっかり残っている場合が多くあります。

また、一方がスマホを持っていなくてガラケーの場合は、メールで連絡を取り合ったりもします。

LINEなどにはこれまでのトーク履歴が全て残っていますので、いつから浮気が始まったのか、いつデートをしたのかなどの状況も分かりますし、トークの内容から二人の新密度も把握することができます。

LINEには転送機能がありますので、怪しいメッセージのやりとりがある場合には転送する方法もありますが、不安な方はその画面を写真で撮影しておきましょう。

メールの場合は、転送してしまうとその転送した形跡が残ってしまいますので、転送はせずにそのその画面を写真で撮影しておくようにしましょう。

また、浮気相手との連絡はパートナーにバレないようにGメールなどで連絡を取りあっているケースも多くあります。

さらに、いまではフェイスブックやツイッターなどのSNSで浮気相手と連絡を取り合っているケースも多くあります。

パートナーのSNSを見てみて、特定の異性との親密なやりとりなどを発見した場合は要注意です。

不正アクセス禁止法に違反しないように注意

パートナーの浮気が怪しいと不安になってしまうと、いろいろな方法を使って真実を知りたくなってしまうと思います。

それが合法的なことであれば問題ありませんが、もしその方法が行き過ぎてしまった場合には違法になり、場合によっては刑事事件に発展してしまう恐れもありますので注意しておきましょう。

例えば、パートナーがパスワードを入力しているところを盗み見て、そのパスワードを使ってスマホのロックを解除したり、SNSやGメールのアカウントにログインしてしまうと「不正アクセス禁止法」に抵触してしまいます。

万が一、不正アクセス禁止法に違反すると、3年以下の懲役または100万円以下の罰金に処される可能性がありますので気をつけましょう。

証拠が見つかった時はどうすればいいの?

パートナーのレシートや手帳などから浮気の可能性が高い証拠が見つかった場合は、スマホのカメラで写真を撮っておくようにしましょう。

写真に撮ってまた元の場所に戻しておけば、相手に勘付かれる可能性はほとんどないでしょう。

ただ、鮮明に写っていることが重要ですので、撮影する際はブレないように鮮明に撮ることを心がけましょう。

探偵事務所に任せるのが確実で安心

浮気の証拠の集め方や探し方についてご説明しましたが、現実的に難しい内容も多いかと思います。

レシートなどを見るのは可能だと思いますが、一般の方が夫や妻が浮気相手とホテルに入っていく姿を撮影するというのは現実的には難しいと思います。

また、自分で浮気を突き止めようとしてやり過ぎてしまうと違法な行為になってしまう恐れもあります。

そのため、一番確実で安心なのは探偵事務所に浮気調査を依頼するという方法です。

自分が調べようとするとパートナーが感づいてしまう可能性がありますが、最初から探偵事務所に任せておけばその心配もありません。

自分で調べようとして万が一パートナーが感づいてしまうと証拠を隠されるだけでなく、これまで以上にバレないように行動して浮気を続ける可能性もあるため、このような場合は経験豊富な探偵事務所に依頼されることをオススメします。


まずは無料相談を利用しましょう

探偵.浮気調査NEWS 編集者

探偵.浮気調査NEWS 編集者

パートナーの浮気が怪しい場合は、探偵事務所に相談してみるのが一番の近道です。
初めて利用される時は緊張したり不安な面もあると思いますが、プロの調査能力なら安心して任せられます。

まずは相談だけでもして、それから本当に依頼するかどうか検討してみてはいかがでしょうか?

以下でご紹介している探偵事務所なら「無料相談」を実施していますので、まずは無料相談で気になることや不安を相談してみましょう。

おすすめの探偵事務所

浮気調査で私がオススメする探偵事務所は以下の3社です。
実績も豊富で相談は無料ですので、ぜひ利用されてみるとよいでしょう。

① 原一探偵事務所

原一探偵事務所
  • プライバシー対策と情報管理が万全
  • 解決実績10万件以上、44年の調査実績
  • 全国主要都市に18拠点のネットワーク
  • テレビ番組などへの取材協力も多数
  • 調査後のアフターフォローも万全
相談料対応エリア受付
無料 全国 年中無休・24時間

» 原一探偵事務所はこちら


② HAL探偵社

HAL探偵社
  • 成功報酬&後払い(初期費用0円)制
  • お問い合わせ・相談は匿名OK
  • 弁護士事務所との協力関係
  • 全国主要都市に11拠点
  • 全国無料出張・即日対応可能
相談料対応エリア受付
無料 全国 年中無休・24時間

» HAL探偵社はこちら


③ 東京探偵社ALG

東京探偵社ALG
  • 弁護士が経営する業界初の探偵会社
  • グループ弁護士による無料法律相談実施
  • 匿名OK!ご相談は何度でも無料
  • 後払い、カード払い、分割払い可
  • 経営母体は所属弁護士70名以上の大規模弁護士事務所
相談料対応エリア受付
無料 東京・埼玉・千葉・横浜 年中無休・24時間

» 東京探偵社ALGはこちら

探偵.浮気調査NEWS 編集者

探偵.浮気調査NEWS 編集者

社会のニュースや話題を幅広く収集し、ニュースとして取り上げています。
読者の方に役立つ情報をご提供できるよう努めています。